グリーンマスターとは、植物と自然を愛する方の緑の認定試験。観葉植物、花や木に触れる仕事に役立つ検定です。

グリーンマスターとは

グリーンマスター認定証書

インドアグリーンの知識を深める

 地球温暖化が進み、環境問題が一層大きな関心を呼んでいます。二酸化炭素の軽減や、緑に心理的な安らぎを求める現代において、インドアグリーンの果たす役割は今後もますます重要となってきております。

 そのような背景のもと、当協会ではインドア空間への効果的なグリーン配置や、植物がその役割を充分に発揮し、人々が良好な居住環境を保てるようインドアグリーンの一層の普及を図るための支援を致しております。

 こうした活動の一環として、当協会ではグリーンマスター認定試験を実施し、インドアグリーンとして有用な観葉植物を中心とした植物の名称、特性、栽培管理上の知識を客観的に評価・判断する機会を提供するものです。

 この試験を実施することで、より多くの皆様にインドアプランツ等に関する知識の向上や関心が一層深まることを期待いたします。同目的で、グリーンマスター認定試験は毎年秋に実施しております。

級制度の紹介

グリーンマスターの級制度について

得点ごとに以下のように級別のグリーンマスターを認定しています。

  • 【 1級】 90点以上
  • 【準1級】 80点以上90点未満
  • 【 2級】 70点以上80点未満
  • 【 3級】 60点以上70点未満
  • 【 4級】 50点以上60点未満
  • 【 5級】 40点以上50点未満

出題例

例題1の写真

【例題1】 右の写真の植物は、次のどれでしょうか。

  • A. チャイニーズハット
  • B. コンロンカ
  • C. クロトン
  • D. ハイビスカス

例題2の写真

【例題2】 右の写真の植物は、次のどれでしょうか。

  • A. カラテア・ゼブリナ
  • B. クテナンテ・クメリアーナ
  • C. モンヨウショウ
  • D. カラテア・マコヤナ

学習のメリット

涌井教授プロフィール

環境問題の解決こそが、我々の未来を保証すると言われている昨今、 植物への関心は否応なく高まりを見せています。 室内外の緑に対する知識を、資格取得という方法で学び直し、自身を高め、 人々にそれを指導する自信を抱く、 そのような機会をグリーンマスターの資格取得で具体化することをお薦めします。

受験者の特典

グリーンマスター認定証書

グリーンコーディネーターを目指す第一歩です

グリーンマスター資格を取得されますと

  • グリーンコーディネーターへの近道となります。
  • 国家試験「園芸装飾」技能検定試験に役立ちます。
  • 知識豊かなグリーンライフが過ごせます。
  • 当協会から認定証・認定カードが交付されます。
  • 観葉植物に関する新情報が得られます。
  • 掲載承諾者には、当協会のホームページの「認定者発表コーナー」に氏名(都道府県)が掲載されます。

過去に出題された植物や分野のご紹介

出題分野例

観葉植物

ヤシ科・サトイモ科・クワ科・キジカクシ科・パイナップル科・マメ科・シダ科・ウコギ科・クズウコン科・食虫植物類・熱帯果樹・マングローブについて

栽培・管理・繁殖

繁殖方法・土について・肥料について・給水方法

植物の基礎

花序・嫌光性好光性種子・植物ホルモン・花の構造・花の形・葉の概形・葉の斑・葉の模式図・葉縁・葉序・葉脈